マグネット広告を小さめに加工するのはどんなとき?

マグネット広告を小さめに加工するのはどんなとき? マグネット広告は色々な大きさで制作できるのが特徴ですが、小さめのサイズで加工するのはどのような場合があるでしょうか。
まず挙げられるのがポスティングなどで配布する用途のマグネット広告のケースで、小さく加工する事で様々なメリットがあります。
ポスティングで配りやすくポストの大きさを選ばないという点もメリットですが、その他にも色々な場所に貼り付けやすいという部分も魅力です。
ピザや中華などの出前のマグネット広告は冷蔵庫や電子レンジに貼り付けられますし、ガスや水道のトラブルのマグネットでも小さい面積の場所に貼り付けできます。
そして小さめのサイズでプリントする場面は、注文時の価格にも関連してくるでしょう。
マグネット広告の料金はサイズや形など様々な要素で決定されますので、予算に応じてサイズを調整する事も見受けられます。
サイズを小さくしても費用対効果があまり変化しないというケースなどは、できるだけ料金の安い方法を選択するのも必要です。

見た目や加工にこだわってマグネット広告を作ろう

見た目や加工にこだわってマグネット広告を作ろう 自宅のポストの中に、色々な広告が投函されていると感じている人は多いのではないでしょうか。
大半の広告は紙に印刷を施しているもので、不要のときには紙ごみとして廃棄処分する人も多いといえましょう。
しかし、中には紙ではなく磁石になっているマグネット広告が入っていることも少なくありません。
磁石が付いているので金属製の冷蔵庫の外側に張っておけるため、水道トラブルやテイクアウト品を取扱っている業者の広告が一般的です。
困ったことが起きたときなど、マグネット広告ならそこに書いてある電話番号を見てダイヤルする、これですぐに問題解決に繋げることができるわけです。
類似しているものが多数で回っているため、広告を作るときには見た目や加工にこだわりを取り入れることが訴求効果や他社との差別化に良い影響を与えてくれます。
ポストからマグネット広告を手にしたとき、見た目がきれいなものだと保存しておきたい、高級感を出したいときにはマット加工で行えばそのマグネット広告を長く保管して貰えるメリットに繋がって来ます。

新着情報

◎2020/9/3

加工はデザインに合わせて行う
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

サイト公開しました

「マグネット ポスト」
に関連するツイート
Twitter