加工できない素材のマグネット広告

加工できない素材のマグネット広告 マグネットを使った広告や宣伝方法が多く普及するようになり、人目に付きやすく印象に残りやすいことから宣伝効果が抜群で、その需要は年々高まりをみせています。マグネット広告は鉄やスチール製のものによく吸着し、特殊な加工を施せば雨の中でも強い吸着力を発揮してくれます。
通常のマグネット広告はマグネットシートと呼ばれているものを使用しており、主な素材はフェライトという名の酸化鉄で出来たものです。この素材は厚みがあって磁力がかなり抜群なので、何度も貼り付け直したり水やホコリにとても強いことが証明されています。しかし、減磁し易い欠点のあるアルニコ磁石を使用したマグネット広告の場合、屋外で使用するリスクが少し高まってしまうので注意した方がいいでしょう。その理由は、減磁しやすいことでせっかくの広告が剥がれ落ちてしまい、人目にさらされることなく無駄な消費になってしまうケースがあるからです。加工のしやすさもフェライトが圧倒的なので、広告には断然フェライトをおすすめします。

選択肢が広がるマグネット広告

選択肢が広がるマグネット広告 店舗の案内や告知、店内の販売促進のために利用される印刷物には、紙や看板に加えてマグネットシートがあります。磁石ですので車やスチール製看板に貼り付けられる自由度と、内容が変更になった際の貼り替えが容易にできるのが特徴です。
こうしたシートを専門に扱う業者も増えていて、発色や質感にこだわったり、湾曲部にも特殊な加工をせずとも貼ることができるものもあります。シートはあらかじめ仕様が決まっている定番のものから、店の個性を表現するためのオリジナルまであり、選択肢が広がっています。既成仕様であれば、店舗名や電話番号などを追記するだけで迅速に作成ができるのが魅力です。長期間にわたって貼り付ける際には塩ビシートへの印刷に加えて、ラミネート加工を施すことで耐久性を高めたり、角を丸くすることで折れ曲がりを防止するなどのマグネット広告もあります。車に貼り付ける場合、車両の板金は厚さが0.6から0.8ミリメートルであり、通常のシート厚の0.3ミリメートルでは磁力が弱いため脱落する懸念がありますので、厚みを0.8ミリメートルとして確実に設置できるようにしたマグネット広告もあります。

新着情報

◎2020/12/8

加工できない素材のマグネット広告
の情報を更新しました。

◎2020/9/3

加工はデザインに合わせて行う
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

サイト公開しました

「マグネット 加工」
に関連するツイート
Twitter